アトピー肌でも使えるセラミド配合化粧品は?-セラミドで肌プルプル♪

MENU

アトピー肌でも使えるセラミド配合のクリームはあるのか?

アレルギー

保湿成分セラミドはバリア機能を整えることが出来る成分です。
その為、敏感肌・乾燥肌のお肌を修復できる素晴らしい成分です。
では、化粧品の刺激に敏感なアトピー肌でもセラミドクリームは使うことができるのでしょうか?




アトピー肌の方がセラミド入りの化粧品を選ぶポイント

天然セラミド・合成セラミド・ヒト型セラミドがありますが全てのアトピー肌の人が反応を起こすとは限りません。

アトピーの症状は人によって個人差がある為に、1つの成分が全員に良いわけではありません。
例えば粉ふき、赤顔、皮膚がゴワゴワに・・・など数えたらきりがありません。
このような人全員に合う化粧品というのは無いのかもしれません。

その中でもアトピー性皮膚炎の方はアレルゲン物質に反応しやすいので、化粧品やクリームを購入するときは化粧品の成分をよく確認してから購入するようにしてください。

では、セラミドはアトピーに反応するのかという疑問ですが、こちらもその人によるかもしれませんし、セラミドの種類によって反応するかもしれません。

では、ここからはセラミドの種類にスポットを当ててどのセラミドなら反応しにくいのか紹介していきます。



セラミドの種類とアトピー肌に反応しにくそうな種類とは?

セラミドの種類は、天然セラミド・合成(疑似)セラミド・ヒト型セラミド・植物セラミドの4種類のセラミドがあります。
※セラミドはもともと人が持っている成分で保湿力が高い成分です。
アレルギー反応は少ないと言われていますが、種類によって反応する可能性があるかもしれませんので、パッチテストを十分に行ってから使用してください。

  • 天然(動物性)セラミド
  • 動物から抽出したセラミドです。
    主にウマから抽出され、人がもっているセラミドのかたちに似ているため保湿力もとても高いセラミドです。
    動物由来なのでしっかりと角質層のなかに浸透してセラミドの量を増やすことができます。
    動物のセラミドのためアレルギー反応がある人も確認されています。
    ※商品にはウマスフィンゴ脂質と記載されています

  • 擬似(合成)セラミド
  • セラミドに似せて作られた成分です。
    石油から作られているので、アレルギーの可能性があります。
    人のセラミドに似た形に作られているために保湿はありますが、他のセラミドと比べると保湿力は劣ります。
    ※セラミドではない為、化粧品の成分にはセラミドと記載されていません。

  • 植物性セラミド
  • 植物性セラミドは米や大豆といった植物を使ったセラミドです。
    比較的安価で作られることが出来るのですが、植物アレルギーの方に反応する時があるようです。保湿力は天然セラミドや下記で紹介する人型セラミドより劣りますのでアトピーの方は避けたほうがよいでしょう。
    ※成分表示は植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質と記載されています。

  • ヒト型セラミド
  • バイオセラミドとも呼ばれ、人と同じ構造を酵母から作ったものです。
    こちらも合成になりますが、原材料が酵母なので、肌なじみが良く肌への浸透が良いので、アレルギーの心配も極めて少ないと考えられて、化粧品でも良く使われている成分となります。
    ※ヒト型セラミドには11の種類がありますが、そのうち7つ効果が発見されています。

おすすめしたいのはヒト型セラミド

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは人のお肌と同じセラミドをバイオパワーで作りことが出来ます。

そのヒト型セラミドは酵母を利用しているため、お肌にやさしいと言われています。
ちなみに酵母は酵母化粧品でもブームになり、「ビールを作る杜氏の手が奇麗なのは酵母のおかげ!」とか「パン職人の手の美しさこそ酵母!」といわれていて、そのきっかけから化粧品に取り入れられることとなったのです。

ヒト型セラミドもバイオを使われることから、疑似セラミドや植物性セラミドと比べ、お肌によいことと、刺激が少ないことがあり、アトピー性皮膚炎の方が改善するのではという大きな期待が考えられています。

しかし、セラミドという成分は水に溶けにくい事とほかの成分に溶けにくいため、化粧品への配合が難しいと言われていました。

もし、以前の技術の場合はヒト型セラミドを配合する場合は乳化剤やたくさんの油わないと配合することが出来なかった為、アトピーさんには使いにくい化粧品だったのです。



セラミド2配合のアトピー肌のためのクリーム まずはトライアルセットから

アヤナス

使いにくかったヒト型セラミドは最近の研究によって肌に浸透しやすいものに変化するように変わってきました。

それが、ヒト型ナノセラミドです。

ヒト型ナノセラミドは最近の研究で色々な会社で開発しヒト型セラミドをナノサイズまで分散したものです。

このことで、お肌への浸透はとても高くなり、今化粧品全体が大変注目している成分となっています。

このヒト型ナノセラミドをさらに研究し、敏感肌でも使える化粧品を作ったブランド「ディセンシア」は次にご紹介します。


↓↓まずは10日間のトライアルセットからどうぞ↓↓

ボタン2



敏感肌を生まれ変わらせるディセンシアの「独自技術・ヴァイタサイクルヴェール」とは?

肌への刺激をヴェール(疑似膜)で保護
→バリア機能をサポート
ヒト型ナノセラミドが肌に浸透して保湿力アップ
→肌の奥までセラミドは行き届き保湿機能が高くなります。
ゆらぎ肌をサポートできるコウキエキス配合
→敏感肌やアトピー肌が持つ特有のゆらぎ肌をサポート
ディセンシアオリジナル成分CVアルギネートでコラーゲン生成をサポートしてくれます。
→肌の弾力やたるみでお困りの方にもおすすめしたいCVアルギネート

ヴァイタサイクルヴェールではヒト型ナノセラミドが使われているため、敏感肌でもキレイになれる化粧品が完成したのですね。


そのおすすめの化粧品が今ネットでもトップと言われているアヤナスです。



ヒト型セラミドでも保湿力が高いセラミド2が入っているアヤナス

アヤナス化粧品

アヤナスは敏感肌用ブランドとして販売中です。もちろんその人にもよりますが、アトピーさんでも使っている方は大勢いらっしゃいます。
ヒト型セラミドの中でもセラミド2が保湿をすることでお肌のうるおいがとてもよくなるのです。

もしあなたがお肌の調子が悪いと感じているなら、まずはアヤナスのトライアルセットを使ってテストすることをお勧めいたします。

基本的に刺激になる成分は使っていないのですが、アトピーさんは人それぞれなので、使うときはご確認とパッチテストをしてからするようにしてください。

↓↓まずは10日間のトライアルセットからどうぞ↓↓
ボタン2