セラミド原液-セラミドで肌プルプル♪

MENU

セラミドの原液は美容液として使える?

セラミド入り美容液は使っていたものの、原液を美容液として使うっていうのは初めてで、そもそもセラミドに原液ってあるんだって知ったのもここ最近のこと。
原液ってことは濃いということ。つまり保湿効果がより得られやすいということかなって勝手に思いこんでしまいました。

 

セラミド原液は天然セラミド

まず、セラミド原液は天然セラミドからできています。
そして天然セラミドには動物性と植物性があります。動物性の場合はほとんど馬から抽出したウマスフィンゴ脂質です。

植物性は穀物(米ぬか、大豆、トウモロコシ、こんにゃく、小麦など)からできていて、成分表にはコメヌカスフィンゴ糖脂質など表示されているのが天然セラミド(植物性)です。

 

セラミド原液の使い方

動物性・植物性共通ですが、セラミド原液はそのまま美容液として使っている方と、手持ちのスキンケア商品に1滴~数滴混ぜて使っている方がいますが、どちらでもお好みでOKです。

セラミド原液の良い点はまさにここですね。新たに化粧水や乳液やクリームを買う必要はなくて、セラミド原液をプラスするだけでセラミド化粧水やセラミド乳液ができるわけです。

私もウマスフィンゴ脂質のセラミド原液で試してみました。

感想:確かに、安い乳液もセラミド原液をプラスしたら、何だか滑らかで後々お肌のツヤがよくなった気がしました。
パサついた髪に付けたら、肌よりこちらの方がなんだか効果を感じました。

 

セラミド入り美容液とセラミド原液買うならどっち

セラミド入り美容液と言っても様々ですが、セラミド成分が表示された美容液は「ヒト型セラミド」を使っています。
セラミド原液商品の「天然セラミド」と「ヒト型セラミド」を使ったスキンケア商品だったらどちらがいいの?って聞かれたら、迷わず「ヒト型セラミド」を使ったスキンケア化粧品と答えます。

それはセラミドの構造上の問題にもなってくるのですが、簡単に言うと人のセラミドに近いと言われている馬のセラミドであっても、人とは違っており、人と同じ構造を持つのは「ヒト型セラミド」と呼ばれるバイオセラミドだけです。

ヒト型セラミドを使った美容液「アヤナスエッセンスコンセントレート」を試して、セラミド原液と比べてみました。


まず、思ったのが浸透感の違いですね。セラミド原液は付けたあと、ビヒャビヒャなままなのですが、アヤナスはスーッと肌馴染みがよくて、その後抑えるとしっとりして、もちっとしました。

実は他に気になったことがあります。セラミド原液のニオイですね。大丈夫な方もいるとは思いますが、馬っぽいというか脂っぽいニオイというか...私には原液だけで使い続けるのは無理です。

浸透するヒト型セラミドを使った「アヤナスエッセンスコンセントレート」を試すならこちらから

ボタン2