セラミドのバリア機能をサポートする役割とは?-セラミドで肌プルプル♪

MENU

肌のバリア機能が衰えているのはセラミド不足が原因

セラミドとは、生まれつき肌が持っている水分の保持機能である細胞間脂質の約40パーセントを占めている保湿成分です。
細胞間脂質は角質と角質の間を埋めており、常に水分が逃げないよう働いています。
細胞間脂質が正常に機能していれば湿度が0パーセントでも肌の水分が蒸発することはないとまでいわれています。
しかし、クレンジング剤や洗顔料などで肌の油分を取り過ぎてしまった場合や、紫外線によるダメージが原因で細胞間脂質が減ると角質が乱れ、バリア機能が正常に機能しなくなってしまいます。
すると肌は自分で潤すことができなくなり、必要な水分がどんどん蒸発してしまいます。
こうなると少しの刺激で肌が赤くなったりかゆくなる敏感肌の症状が現れたり、水分不足によりシワになりやすくなったりというトラブルが発生します。
こういった肌の人々はセラミドが著しく不足しているのです。



セラミド補給でバリア機能を回復

セラミドを補給してあげることで細胞間脂質の機能を回復させ、水分の蒸発を食い止め外部刺激から肌を守ることができます。
結果的にダメージに強い健やかな肌がよみがえるということです。
しかし、現代人の肌のほとんどは多かれ少なかれセラミドが不足しています。
紫外線ダメージによる乾燥や、毎日のメイクとクレンジングの繰り返し、オフィスの空調といった、バリア機能のバランスを崩す要因が日常生活には溢れているからです。
では、どうすれば肌のバリア機能を回復させ、潤いをキープできるのでしょうか。
まず第一に、セラミドを補給できる化粧品を使いましょう。
そういった化粧品を肌に塗布することで、角質層に浸透し元々のバリア機能をサポートすることができます。
肌が水分を含み、油分で包んで蒸発を防いでいるという状態が十分なほど外部刺激を受けにくくなります。
表面の肌状態が良ければ古くなった角質は自然に剥がれ落ち、次々に完全に角化した角質細胞が表面に上がってきます。
このような正常なターンオーバーが繰り返されることで美肌サイクルが出来上がります。



セラミドをお肌に効かせるための方法

マッサージをすることも効果的と言えます。
クリームやオイルでマッサージする手の滑りをよくしてから行いましょう。
ここで肌をこすってしまっては逆効果です。
あくまでも撫でるようなやさしいタッチで行ってください。
肌表面の血行やリンパの流れがよくなり、栄養がすみずみまで行きわたります。
さらにクリームやオイルに含まれる美容成分の浸透も促していきます。
あとはサプリメントで肌に必要な栄養を補給するのもいいでしょう。
日頃なかなかバランスの取れた食事を摂れていないという忙しい方には手軽な方法です。
ただし、サプリメントは取り過ぎに注意が必要です。
栄養素によっては摂取の上限が決まっているものがあり、その定められた上限を超えてしまうと体に害を及ぼすものもあるからです。
こまめに少量ずつ摂るのが効果的に栄養を働かせる上で賢い方法でしょう。
ストレスをためないことも大事です。



上手なセラミド補給で悩み知らずのお肌へ

以上のことを積極的に取り入れることで肌のバリア機能を回復させ、セラミドの力を最大限に引き出すことができます。
外部刺激に強い、荒れにくい肌をつくれば季節や環境に左右されることなく、いつでもどこでも快適にベストな肌状態を保つことが可能になります。
そうすることで余計なケア用品にお金をかけたり、肌荒れが原因で気分が落ち込んだりすることもなくなるでしょう。
肌は見た目のキレイの判断基準になる、女性にとって重要なパーツです。大事に育てていきましょう。