セラミドと髪-セラミドで肌プルプル♪

MENU

セラミドの効果は髪にも

セラミドは肌の角層にある脂質で、水分の蒸発を防ぎ、外部刺激から細胞を守るバリア機能を兼ね備えています。
このセラミドが髪や頭皮にもあり、セラミドが不足すると、頭皮のうるおいが不足し、フケやかゆみの原因になることも。トラブルのある頭皮からはよい髪が生えるハズはありませんよね。毛が細くなったり、もっと深刻だと生えてこない可能性も。

髪自体のセラミド不足は、指通りの悪いキシキシした髪でもわかります。これはうろこ状のキューティクル(毛表皮)を貼り合わせる働きをしていたセラミドが不足したことが原因です。
ですからセラミドを補えば、整い滑らかな美しい髪を取り戻すことがでるというわけです。

イメージ画像1


セラミド不足で荒れたキューティクル(毛表)が整うためにはセラミドを補充する


セラミドが髪を守る働き

セラミドには保水効果・うるおい効果の他に紫外線や細菌・ウィルスなどの異物から肌を守るバリア機能がありますが、頭皮や髪のセラミドもこの機能は同じで、外部からの刺激をブロックし、頭皮を健やかにし髪を美しく保ちます。

頭皮を顔からの延長と考えれば、セラミドを使ったケアでトラブルのない肌を目指して美髪をつくるというのも納得いただけることではないでしょうか。


セラミドでヘアケアするには

では、セラミドを頭皮や髪に補うにはどうしたらよいでしょうか。
シャンプーやリンスにセラミドが使われている商品もありますが、流してしまうシャンプーやリンスではあまり効果が期待できないのでは?ということで、「洗い流さないヘアートリートメント」をおすすめしたいです。

 
馬油 洗い流さないトリートメントII
馬油 洗い流さないトリートメント

傷んでしまった髪の毛を、馬油とセラミドで集中ケアしながら、ドライヤーの熱や紫外線、花粉から髪を守るトリートメント。
髪の毛の隙間のスカスカ状態をセラミドで埋めて集中補修。更にヒアルロン酸と植物抽出液をプラス。以前のようなしっとり艶やかな髪質へ誘うエイジングケア・トリートメント。


 

この記事を読んでいる人はこんな記事にも興味を持っています。