セラミド配合化粧水-セラミドで肌プルプル♪

MENU
オススメの、セラミド入り化粧水を教えて下さい。

お肌の乾燥がひどくて、とても困っています。
メイクをしてもすぐカサカサになってしまい、浮いてひどい状態です。
色んな保湿化粧水を試したのですが、どれもイマイチですぐに顔が突っ張ってしまいます。
そこで、周りに促されてセラミド化粧水を使ってみようと検討しています。
セラミドには種類があると聞いたのですがどれが良いのかわからないので、オススメの化粧水を教えてほしいです。


お肌の乾燥にはセラミドが役に立つ

乾燥肌等の弱ったお肌は、お肌の中の角層内のセラミドが減っている証拠です。
セラミドは、お肌の中でスポンジのような役割を持っています。
その為、セラミドが少なくなってしまうと水分保持が乏しくなってしまい、どんどん乾燥してしまって肌質が衰えてしまうのです。
そのような肌質を改善させる為には、高保湿のセラミド配合化粧水がとても有効的です。

お肌に大切なのは水分のような気がしますが、保湿成分という土台が無ければ意味がありません。
保湿成分は色んな種類がありますが、中でも湿度や温度に影響されず保湿パワーを発揮してくれるのがセラミドです。

セラミドにも多くの種類があり、私達のお肌に親和性が高いのがヒト型セラミドです。
更に、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン等の保湿成分も配合されている化粧水であれば、より高い保湿効果を発揮してくれます。


セラミド配合のオススメ化粧水ランキング

セラミドのパワーを高く発揮してくれるオススメの化粧水を、ランキングでご紹介致します。
 

アヤナスエッセンスコンセントレート

アヤナスローションコンセントレートの特徴

高保湿なセラミド2のヒト型ナノセラミドを配合し、お肌の奥深くまでセラミドパワーが浸透し潤うお肌になれる化粧水です。
エイジングスキンケアですので、低刺激でアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。
高い保湿力とエイジングケアのWの効果を発揮してくれる、とっても優秀な化粧水です。
しっとり潤い、シワやほうれい線、たるみ、毛穴にも効果を発揮してくれます。
とろみのあるテクスチャーが、シワやほうれい線にもしっかり馴染んでスッと浸透してくれます。

 
 

つつむ ローションセラムE

つつむ ローションセラムEの特徴

ヒト型ナノセラミド配合で、お肌の奥までしっかりと浸透する化粧水です。
同じディセンシアのアヤナスと違うのは、エイジングケアの化粧水ではないという事です。
エモリエントプールが水分の蒸散を防ぎ、高い保湿機能でお肌をプルップルの潤う肌に導きます。
低刺激なので、お肌が弱い方でも安心です。
かなりのとろみのあるテクスチャーですが、お肌に付けるとスッと浸透し奥まで響いているのが実感出来る程です。

 
 

ヒフミド エッセンスローション

ヒフミド エッセンスローションの特徴

ヒフミドといえば、全商品にセラミドが配合されている、まさにセラミド化粧品です。
そんなヒフミドの化粧水は、セラミド1、2、3の3種類のセラミドが配合されています。
3つのセラミドにより、お肌の奥から肌質が改善されハリと弾力のある若々しいお肌に導いてくれます。
とろみがありますがお肌にスッと浸透し、潤い肌になったことが実感できます。

 

セラミド化粧水を選ぶ際に気を付けてほしいポイント

今回ご紹介したセラミド配合の化粧水は、全てヒト型ナノセラミドが配合された化粧水です。
セラミドには種類があり、効果を大きく発揮してくれるセラミドとそうではないセラミドがあります。
ヒト型セラミドのような天然セラミドは、動物や植物等から抽出したセラミドですので、私達のお肌と相性が良いので高い効果を発揮してくれます。

疑似セラミドや合成セラミドは、天然の物以外の原料から抽出したセラミドです。
その為、私達のお肌とは相性が良くなく、効果を発揮しにくいセラミドです。

価格は、疑似セラミドや合成セラミドの方が安価です。
しかし効果が低いので、オススメ出来ません。
3000円以上のセラミド化粧水であれば、天然セラミド使っている確率が高いです。
セラミド化粧水を選ぶときは、お値段が安いセラミド化粧水は避けるようにしましょう。